このブログを検索

2017年5月16日火曜日

音展2017 オヤイデ電気のブースの様子

 先週土日に有楽町国際フォーラムで音展2017が開催されました。

ガラス棟の4階から6階、離れのD棟を使った、国内最大規模のオーディオ&ビジュアル展示会です。

今回から開催地が有楽町国際フォーラムとなったことで来場しやすくなりました。有楽町国際フォーラムはオーディオマニアにとって、インターナショナルオーディオショーの開催地として馴染み深いはず。

小柳出電気は4階の一番端、G401号室での開催です。

オヤイデブースの入り口には、精密導体102 SSCの展示パネルや、カタログ類、雑誌が並びます。

 ブースの広さは52平米、天井高さは2.7mの、普段は小規模の会議室として使われている部屋です。

 部屋の両端に展示テーブルを設け、オヤイデ電気のオーディオ用ケーブル、オーディオアクセサリーを展示しました。


向かって右のテーブルには、オヤイデ電気の電源ケーブル、電源タップを陳列。

SWOシリーズやR1/R0などのオヤイデ電気のコンセントの展示風景。

その隣は、INS-BSをはじめとした、オヤイデ電気のインシュレーター類。電源プラグ/IECコネクターのP/Cシリーズも展示。

左のテーブルには、BR-12STB-MSXなどといったオヤイデ電気のアナログアクセサリーを展示。


PA-02TR/TX V2、ACROSS750 RR/XX V2、TUNAMI TERZO RR/XX V2、AZ-9140/AR-910といった、オヤイデ電気のインターコネクトRCA/XLRケーブルも展示。

オヤイデ電気のUSBケーブルContinental5S V2、DB-510/DR-510などのデジタルケーブル、テレビアンテナケーブルDV-510F。5N純銀を信号導体に使った、オヤイデの純銀ケーブルシリーズです。

 オヤイデ電気のスピーカーケーブルは、手前より、リッツ線導体のOR-800シリーズ、102SSC導体のACROSS3000シリーズ、TUNAMI NIGO V2シリーズ。切り売り販売品のEXPLORER V2シリーズも展示。
このように、オヤイデ電気のホームオーディオ用製品が一堂に会するのは、この音展だけ。来場者の皆さんは、実物を手に取り、その造りの良さや質感を体感していただきました。

この手のケーブルやアクセサリーって、普段はオーディオショップのショーケースの中に入っていて、実際に手に触れる機会、なかなかないのですよね。

オヤイデが3年ほど前より輸入代理店を務める、エントレックの仮想アース装置も展示。

  実際に、仮想アース装置やオヤイデ電気のケーブルの試聴会も行いました。

 エントレックやオヤイデケーブルの試聴会には、毎回30名ほどの参加者がいらして、皆さん熱心に私のトークと音に聴き入ってました。

オヤイデ電気ブースの試聴システム全景。
ケーブルを見せるため、オーディオ機器の背面をフロントに向けたセッテイングです。

 

・レコードプレーヤー:テクニクスSL-1200Mk4(絶版 現行だとSL-1200G希望小売価格:330,000円(税抜)またはSL-1200GR 希望小売価格:148,000円(税抜))
 ・フォノイコライザー:ifi Audio iPhono(絶版 現行はiPhono2小売価格:74,000円)
 ・CDトランスポート:B.M.C. BD1.1(絶版 現行はBD2 税抜価格 680,000円)
 ・DAC:ブリキャスティーデザインM-SE1ST 希望小売価格:1,389,000円(税別)
 ・DAC内蔵プリアンプ:B.M.C. DAC1Pre(絶版 現行はDAC1PreHR 税抜価格 860,000円)
 ・パワーアンプ(プリメインアンプ):B.M.C. CS2(絶版 現行はCS B.M.C. 税抜価格 1,060,000 円)
 ・スピーカー MAGICO S-1 Mk2(表面が艶消しのM-CAST仕上げ 税抜価格 2,400,000 円)
 ・オーディオラック:ノールストーン ESSE (60,000円税抜き)


B.M.C.(輸入商社:ゴールドムンドジャパン)

ifi Audio(輸入商社:トップウイング)

iPhono

SL-1200GR

ブリキャスティデザイン(輸入商社:エミライ):1,389,000

MAGICO S-1 Mk2(輸入商社:エレクトリ)

ノールストーン(輸入商社:ナスペック)


SL-1200シリーズは、古くはDJ用というイメージがありますが、 ピュアオーディオにも十分なクオリティを有しています。 さらに現在ではピュアオーディオ向けに SL-1200GRが発売されていますので、 これであればよろしいかと思います。 SL-1200シリーズの素晴らしいところは、音質はもとより アームの調整が容易であること、頑強で壊れにくいこと、 メンテナンスパーツが入手しやすいことなどが挙げられます。


  ifi Audio iPhonoは、背面にEQカーブ、静電容量、インピーダンスの切り替え用のディップスイッチが多数配置されており、非常に細かい微調整が可能です。  これを使いこなせれれば最強です。現に、弊社の同席していたスタッフは、このスイッチを細かくいじって、この再生環境に最適な音を追い込んでいってました。  

あと、カートリッジに合わせたアームの高さ調整や針圧調整を、コンマ数ミリ、数グラム単位で微調整したり、かなり細かい仕事をしております。ちなみにカートリッジはシュアーのV15 TYPE4です。    

こういったセッテイングを追い込んだオヤイデブースの音は、来場者からも多数の高評価を得ました。SL-1200からこんな良い音が聞けるとは、とか、今回の音展で一番良かった、などなど。

今回のオヤイデのシステムの音において音が良かった要因は、ケーブルとスピーカーの基本性能が高いこと、レコードプレーヤーのチューニング(カートリッジに合わせたアームやフォノイコの微調整)を  徹底していること、だと思います。なので、SL-1200のような安いレコードプレーヤーでも、あそこまでの音が出たのだと思います。

もし、現在、現行モデルで同様の音を出すとしたら  
・レコードプレーヤー:テクニクスSL-1200GR
 ・フォノイコライザー:ifi Audio iPhono2 
・プリメインアンプ BMC CS3 
・スピーカー マジコ S-1Mk2 
・ケーブル オヤイデ TUNAMI V2シリーズ  
このような構成になろうかと思います。
S-1Mk2の上にはQ1があり、前回の音展ではQ1をお貸ししてデモをしたのですが、これはさらに高音質ですが、 お値段が400万円と、S-1Mk2の倍近いです。 

2017年5月11日木曜日

あさって5/13土曜日から2日間、音展2017が開催されます!

いよいよあさって5/13土曜日から2日間、音展2017が開催されます!場所は有楽町国際フォーラム。JR有楽町駅から徒歩1分。オヤイデ電気はガラス棟4階のG401号室で音出し込みで単独ブースを構えます!



オヤイデのケーブルエントレックのグランドボックスなど、一堂に勢ぞろい!ご来場お待ちしています!

2017年5月1日月曜日

音展2017 オヤイデ電気 G401号室に出展!オヤイデケーブル、エントレック試聴会も実施!



5/13-14に東京国際フォーラムで音展2017が開催されます!

なんと2015年までお台場タイム24ビルから、一挙に有楽町へ移動!しかも、インターナショナルオーディオショーと同じ東京国際フォーラム!そして、ファイルウェブでもアナウンスされているように、オヤイデ電気も音展2017に出展します


 
これは前回の音展2015のオヤイデブース。オヤイデのケーブルやアクセサリーが一堂に並べられ、それらを試聴するための試聴システムも用意して、ブース内で定期的に試聴会もやってました。 ちなみに、2016年は音展は無く、その代わりに音展2017のプレイベントとして「音のサロンカンファレンス」という小規模の展示会が開催されました。


オヤイデ展示室はG401です。部屋の大きさはお台場のときとほぼ同じくらいです。各フロアの出展企業はこちら。なお、オヤイデ電気ブースでは、製品展示を行いつつ、ブース内で試聴会も催します。

<<展示室内の試聴会のスケジュール>>
■5月13日(土)
・13:00~14:00 オヤイデ試聴会
・15:00~16:00 エントレック試聴会
■5月14日(日)
・13:00~14:00 オヤイデ試聴会
・15:00~16:00 エントレック試聴会

司会進行はいずれも私、オヤイデ電気のみじんこ荒川が務めます!


オヤイデ試聴会では、オヤイデの精密導体102SSC採用ケーブル類の試聴をメインに、エントレック試聴会では大人気のグランドボックス「Minimus」「SilverMinimus」の試聴を予定しています!お楽しみに!なお、試聴オーディオ機器は以下を予定しています!


・CDトランスポート:B.M.C.  BD1.1
・DAC:Bricasti Design M1
・プリアンプ:B.M.C. DAC1Pre
・パワーアンプ:B.M.C. SC2
・スピーカー:マジコS1Mk2 (エレクトリ様ご協力)


今回は前回より部屋数も多くなり、出展企業もかなり増えていますので、お台場より賑わうのではないかと期待しています!東京駅からも歩いていけるし、有楽町駅からは徒歩数十秒ですので、来場しやすさも、お台場とは比較にならないくらい便利になりました。

ぜひ場所も雰囲気も規模もスケールアップした音展2017に、ご来場ください!お待ちしています!

2017年4月28日金曜日

FiiOのハイレゾプレーヤーX5 3rd generation ついに登場!明日のヘッドホン祭でお目見えします!

FiiOのハイレゾプレーヤーX5 3rd generation ついに登場です!明日のヘッドホン祭でお目見えします!色は3色ありますが、このワインレッドなカラーが特にイカしてます!

下部にジャック類がまとめられていて、3.5ステレオミニに加えて、2.5mm4極のバランス出力ジャックが、標準搭載されているのが新しい!右端はライン出力/同軸デジタル出力の兼用ジャック。これでデジタル出力も可能となっています。付属で短い専用デジタルケーブルも同梱されてますし、長いケーブルが必要なら、L21などの専用デジタルケーブルがあります。3.5ミリ4極ミニプラグで自作も可能です。

側面には2ポートmicroSDカードスロットがあり、また内蔵メモリーも32Gありますよ。スロットは付属の専用のピンを挿し込むと、ポンと出てきます。

肝心の音質はというと、非常にクリアで高解像度の極み。すっきりハイスピード系の音色です。これが実売5万とは、すごい時代になったものです。明日のヘッドホン祭で待ってまーす!

2017年4月24日月曜日

ゼンハイザーのヴィンテージヘッドホンHD540 Reference Gold 今週土日のヘッドホン祭 オヤイデ電気ブースで聴けるよ!

SENNHEISERと金のロゴがあしらわれた、風合いのある木箱。 うちのスタッフがヨーロッパ出張に行った際に、ふらりと立ち寄ったアンティークショップで見つけてきたもの。


木箱を開けると、やはりヘッドホンでした。出てきたのは黒と金で彩られたヘッドホン。見たことないなぁ、と思いつつ、型番を読み取ると、HD540 Reference Goldと書かれています。ヴィンテージゼンハイザー(Vintage sennheiser)ですね。

型番で検索すると、日本語サイトでの情報は少ないものの、取扱説明書を公開しているサイトなど、海外では比較的情報があるようです。HD540 Reference Goldは、HD540Referenceという機種をベースに、特性の揃ったユニットをペアリングするなどした、スペシャルモデルだったようです。 それにしても何とも味わいのあるデザインと質感。現行機種にはない、人間味を感じさせる工業デザインですね。

<<HD540 Reference Gold>>
方式 ダイナミック型 オープンエア 
周波数特性 16-32000Hz
インピーダンス特性 300Ω(600Ωという)
能率 94dB
ケーブル 3m 標準プラグ
質量250g
発売年 1989年
定価 64,000円

音質傾向はとても自然で耳当たりの良いサウンドで、刺激的な音は一切出ません。

HD540Reference Goldの質量は250gで、HD650の259gとほぼ同じですが、HD540Reference Goldの方が軽く感じます。たぶん、HD540Reference Goldの方がヘッドバンドの側圧がソフトだからかもしれませんが、掛け心地も極上です。

 HD540のケーブル引き出し口を確認すると、ゼンハイザーモジュラープラグでした。電極は銀色をしています。淡白な艶消しの銀色をしているので、メッキはたぶん錫メッキでしょう。ヘッドホン本体の電極の差し込み口は丸穴ですが、ケーブル側の電極は扁平です。試しにオヤイデのHPC-HD25V2(赤いケーブル)を挿してみたところ、うまく挿さりました!というわけでHD540Reference Gold用にHPC-HD25V2を少しいじりつつ、劣化したイヤーパッドを交換することに。

ネット上ではHD540の交換用イヤーパッドなど、サードパーティ製ですが、いまだに入手が可能です。左端の輪っかが、オリジナルのイヤーパッド。30年近くもの時を経て、さすがにくたびれています。真ん中のリングは、交換用にインターネットで売られていたHD540などに対応する交換用イヤーパッド。

 まずヘッドホン本体から純正イヤーパッドを外し、ボロボロの粉状になったウレタンシートを取り除きました。さらに、2枚重ねになっている白いフェルト製スペーサーにもウレタンの残骸がたくさんこびりついていたので、はたいて取り除きました。そして、ヘッドホンにフェルト製スペーサーを戻し、新品のウレタンシートを重ねます。

 最後に、新しいイヤーパッドをはめ込んでヘッドホン本体の手入れは完了!パッドがオールブラックになって、かっこいい!

オヤイデのHPC-HD25V2はHD25用なので左右のケーブルの長さが違うのですが、これを左右真っ二つに引き裂いて、左右の長さを揃えた自作ケーブルをご用意。ケーブルの補強と見た目もかねてPETメッシュチューブも被せてみましたよ。

装着感は向上。音は 現代の最新ヘッドホンのような高分解能、ワイドレンジが全面に出た音ではなく、楽器や声が柔和なハーモニーを奏でています。一聴の価値あり。


このHD540Reference Gold、2017春のヘッドホン祭のオヤイデ電気ブースで、FiiOのプレーヤーともセットで、試聴できるようにしますので、4/29-30は中野サンプラザに遊びに来てね!








2017年4月15日土曜日

現在発売中の「Get Navi 5月号」の特集「プロ愛用の殿堂」で、みじんこ荒川がSTB-EP紹介しています。

現在、全国の書店で好評発売中の、学研が出版する雑貨情報月刊誌「Get Navi 5月号」。毎回、AV家電や生活家電、身の回りのグッズ類、車やバイク、流行や趣味など、主に男性向けの情報が満載の雑誌です。モノマガジン、グッズプレスと並ぶ、人気のガジェット系雑誌ですね。

今回の特集のひとつは、プロ愛用品の殿堂、というもので、30名近くの業界人が、それぞれの思い入れのあるイチオシ品、愛用品を紹介しています。

なぜか私もその一人になりまして、愛用品を紹介してほしいと言われたので、オヤイデの多機能EPアダプターSTB-EPを紹介させてもらいました。 みなさん、書店に行ったらぜひ手に取ってみてみてくださいね。他にも、面白そうなグッズがたくさん載ってましたよ。

ちなみに私は、このBMIというドイツのメーカーのメジャーIN-OUTがとても気になっています。

オヤイデ電気のヘッドホンリケーブルHPC-35HDX V2,HPC-63HDX V2が発売!

昨日オヤイデ電気のヘッドホンリケーブルHPC-35HDX V2,HPC-63HDX V2が発売されました!


これはゼンハイザーのHD650に代表されるゼンハイザーモジュラープラグに対応したヘッドホン交換ケーブルで、オヤイデ電気オリジナルのプラグとケーブルからなる純国産ヘッドホンケーブルです。前モデルのHPC-HDXとの違いは、導体が古河電工のPCOCC-Aからオヤイデ自社開発の102SSCに変更になったこと。初代ではケーブルカラーがシルバーと黒の2色展開だったのに対し、今回発売となったV2モデルでは、シルバーのみの展開となっています。


外観上の違いは、モールドの色が、初代は真っ黒だったのに対し、V2ではHD650のハウジングの色に似せてダークグレーになっています。


ところでゼンハイザーモジュラープラグと我々は勝手に読んでますが、このコンタクトピンの形状は、もともと補聴器や警察官のヘッドセットに用いられているもので、補聴器関連ではよく見かけるコンタクトピンらしいです。 だから須山補聴器のフィットイヤーも、このコンタクトピンを採用しているのでしょう。ただし、ゼンハイザーとフィットイヤーでは極性が逆です。このコンタクト、φ1.58mmの太いコンタクトピン1本と、φ1.28mmの細いコンタクトピン1本の計2本で構成されているのですが、ゼンハイザーは細い方がプラスで太い方がマイナス、対するフィットイヤーは太い方がプラスで細い方がマイナスだったはず。コンタクトの露出長さはともに4mmです。

ちなみにHPC-HDX V2はフィットイヤーのイヤホンに挿し込み自体は可能ですが、前述の理由から極性が逆なので、位相が反転した音を聴くことになり、音質上好ましくないです。また、HDX V2のモールドコネクターはHD650に合わせて段差が設けられているので、フィットイヤーのイヤホンに取付けると不格好になります。 またコネクターが長いので、急激にケーブルを曲げるシュアー掛けが難しいです。何のことを言ってるのかわからないかもしれませんが、まぁそういうことです。


パッケージの違い。右が初代HPC-HDX、左がHPC-HDX V2。
音色の違いは、V2はよりフラットにレンジが伸びる印象で、音の粒立ちがより細かく、すなわち解像度が向上しています。これは、オヤイデの他の初代モデルとV2モデルとの違いと同じですが、PCOCC-Aと102SSCとの違いそのもの音の違いですね。



人気の高いロングセラーのHD650だけに、交換ケーブルを望まれる方も多いです。HD650ユーザーで、さらに音を良くしようという方は、ぜひ一度お使いになってみてくださいね。純正ケーブルからの交換だと、かなりの音質向上が望めますよ。ケーブルはやや硬めですが、純正より少し細いいなので、取り回しは比較的しやすい方です。