このブログを検索

2017年10月10日火曜日

ヘッドシェルリードワイヤーHSR-102とフォノケーブルPH-01RRが10/13に全国一斉発売!

いよいよ10/13に発売が決まったオヤイデ電気の新型ヘッドシェルリードワイヤーHSR−102!HSR-102は102SSC導体を採用し、音質面をリニューアル!さらに、ワイヤーの取り付けを楽にするため、ケーブルに柔軟性をもたせました。

HSR-102の前身モデルは、PCOCC-A導体とフッ素樹脂絶縁を採用したHSR-CU。定価1,800円の実売2,000円を切る価格で人気を博しましたが、今回のHSR-102は200円アップの2,000円になったものの、実売は1,000円台と、相変わらずリーズナブルプライスを維持しています。


こんな感じで狭い空間でも余裕の曲げ特性を誇ります!取り付けはギザ無しのラジオペンチを使うと傷が付かずにうまく取付けられます。ワイヤー部分がとても柔らかいので、このようにぐにゃっと曲げても大丈夫。取付けやすさはリードワイヤーの中でもぴか一です。
絶縁材には、超柔軟性特殊樹脂という新素材を用いています。この素材に行き着くのには、幾多の試行錯誤がありましたが、ようやく理想的な絶縁材に巡り会えたので、良いリードワイヤーに仕上がったと思います。なお、導体断面積は0.3スケアで、20/3/0.08ロープ撚り、リン青銅の金メッキシェルチップというところは、前モデルのHSR-CUと同じです。

HSR-102はこの超柔軟性特殊樹脂を用いた事で劇的に柔らかいですが、それでいて音がふやけてないのは、102SSCの鮮度の高さが利いているのだと思います。前身モデルに比べて、より自然で癖の無い、より解像度が上がった印象。レンジの広さを感じさせつつも、刺々しさのない、とても聞きやすいリファレンス的な音質傾向です。2,000円を切る価格のオーディオ向けヘッドシェルリードワイヤーは、この製品の他には、オーディオテクニカのAT6101くらいしかありません。手頃な価格でリードワイヤーをリフレッシュしたい人に、ぜひ使っていただきたいです。ヘッドシェルリードワイヤーの決定版、大ヒット間違い無しのHSR-102は、全国のオーディオ店、家電量販店、オヤイデ電気秋葉原店、オヤイデ電気オンラインショップなどで10/13より発売開始です!




さて、もうひとつ10/13発売のアナログ製品が、オヤイデ電気の新型フォノケーブルPH-01RRです!これはご覧の通り、RCAケーブル方式を採用し、アースケーブルが独立型となっております。昨今のレコードプレーヤーは旧来の5pinDINタイプではなく、RCA着脱式が増えており、これに対応するためにRCA着脱型にターゲットを絞っております。さらに、国内外で広く普及しているオーディオテクニカのVMカートリッジ、オルトフォンのM2シリーズに合わせた、低静電容量型フォノケーブルです。VMカートリッジはオーディオテクニカ独自の高出力型カートリッジの方式で、MMカートリッジと同じ扱い方です。
ターゲットを絞り込んだフォノケーブル故、これは私が企画立案したということで「オーディオみじんこシグネチュアモデル」となっております。数量限定というわけではありませんので、ご安心を。 このフォノケーブルは昨年から準備を進めていたのですが、パーツの選定や設計を試行錯誤し、ようやく花開く事ができました。初お披露目は今年のアナログオーディオフェアでした。





ケーブルは同軸構造を採用し、静電容量を前述のカートリッジに最適化するよう、絶縁材の種類や厚みを調整して、RCAケーブルの状態で160ピコファラッドになっております。レコードプレーヤー付属フォノケーブルは案外カートリッジとの相性を考えられずに、付属されていることが多いです。


写真はTEACのTN-570へのPH-01RRの接続例で、このレコードプレーヤーに付属のオーディオテクニカ製VMカートリッジAT-100E(推奨静電容量100〜200ピコファラッド)との相性も抜群です。TN-570ユーザー、TN-350ユーザーのために作られたと言っても過言ではないフォノケーブル、それがPH-01RRです。

私が調べた限りでは、VMカートリッジや2MカートリッジなどのTEAC製、ProJect製レコードプレーヤーによく付属されている付属カートリッジには、付属フォノケーブルは静電容量が大きすぎ(300ピコファラッド超え)、せっかくカートリッジがピックアップした信号も、フォノケーブルを通過する段階で10kHzあたりから高域が減衰し、本来のカートリッジの再生帯域が得られなくなっています。レンジが狭く、音場感がイマイチだなぁと感じておられたら、一度このPH-01RRに交換してみてください。定価は11,000円ですが、実売は1万円を切る価格なので、数あるフォノケーブルの中でもお求めやすさダントツだと思います。渋すぎるブラウンのシースカラーは、どんなレコードプレーヤーにもマッチすると思います。



こちらはオーディオテクニカのレコードプレーヤーAT-LP5への接続例。付属VMカートリッジAT95EXの適正静電容量にもPH-01RRはぴったり適合します。

RCAケーブルとアースケーブルを独立型にしたので、配線もやりやすいですし、アースケーブル、RCAケーブルそれぞれ単独でも使用可能です。アースケーブルの開発においては、エントレックの仮想アース装置で得た経験が反映されています。Yラグの寸法から線材の選定、端末処理方法まで、過去3年にわたりアースケーブルとつきあってきた経験が、このPH-01RRのアースケーブルにも活かされています。エントレック用にオヤイデ電気が発売している3398Eシリーズのアースケーブルと、ケーブル部分は同じ3398-16を使用しています。Yラグはフォノイコライザーおよびレコードプレーヤーのアースターミナルに適合する内幅5mmタイプです。

ケーブルはオヤイデ電気秋葉原店のみですが、切売り販売できるようにしたいと考えています。

PH−01RRは全国のオーディオ店、家電量販店、オヤイデ電気秋葉原店、オヤイデ電気オンラインショップなどで10/13より発売開始です!

2017年9月30日土曜日

みじんこ荒川 秋葉原店に異動!ご来店お待ちしています!

オヤイデ電気秋葉原直営店。今日も元気に営業しております!

奇しくも東京インターナショナルオーディオショーが有楽町国際フォーラムで開催されていまして、オヤイデ電気にも多数のオーディオファンが来店。

スタッフ総出で接客。現在のオヤイデ電気秋葉原店スタッフはこちら。 リンク先を見た方、おや?私の名前がある事にお気づきかと。

 そうなんです、私、みじんこ荒川は9月よりお店に異動になっております。すでに来店者の方々で、私が店にいることに気付かれた方がたくさんおられますが、ブログであらためてご報告まで。ぜひオヤイデ電気秋葉原店に遊びに来て下さいね!オヤイデ電気秋葉原直営店は日曜以外は営業しております。10時(実際には9時)から19時まで営業しています!


2017年8月19日土曜日

ゼンハイザーHD598などに適合!HPSC-35/63HD500ヘッドホンケーブル8/25発売開始!






オヤイデ電気のヘッドホンケーブル久々の新製品、HPSC-35HD500とHPSC-63HD500が8/25に発売されることになりました!

こちらはゼンハイザーのHD598などのバヨネット式ヘッドホンにご使用いただけるもので、PCOCC-A時代に発売していたHPC-35HD598/HPC-62HD598の後継モデルとなります。




これがヘッドホン側のプラグで、2.5ステレオ金メッキ電極をバヨネットロックがかかるようモールド加工した上で、真鍮クロームメッキカバーをあしらって、オヤイデらしい高級感のある仕上がりとなっております。ケーブル部分は、オヤイデ電気の精密導体102 SSCを使用し、介在と外装スリーブにシルクを用いるなど、オヤイデのHPSCシリーズ共通の最新ケーブル(HPSC-22W)を採用。前モデルと比べて、ダイナミックレンジが広がり、より細かい音が表現できるようになっています。介在やシースにシルクを使っている影響でしょうか、音色も滑らかなシルキー調で、HD598のような音場や雰囲気の表現が得意なヘッドホンに、特に相性が良いように思います。


ゼンハイザーのHD598は一昨年生産終了となり、現行は上写真のHD599となっております。もちろん、このHD599もHD598と同じ2.5バヨネットプラグの着脱機構を継承しておりますので、オヤイデのHPSC-35HD500とHPSC-63HD500がお使いいただけます。なお、HD598やHD599の純正ヘッドホンケーブルは左右のグランドが独立した4極仕様になっており、一方のオヤイデのHPSC-35HD500とHPSC-63HD500は3極ですが、特に問題なくお使いいただけます。


さらに、オーディオテクニカのMシリーズと呼ばれるモニターヘッドホンにもHPSC-35HD500とHPSC-63HD500は適合します。このMシリーズでバヨネット着脱なのはATH-M70x/ATH-M50x/ATH-M40xの3機種。すでに生産終了の限定モデルATH-M50xMGにもお使いいただけます。同じMシリーズでもATH-M30xとATH-M20xはヘッドホンケーブルが直出しの着脱不可なので、HPSC-35HD500とHPSC-63HD500は使えません。

HPSC-35HD500とHPSC-63HD500が適合するヘッドホンは、以下の通り、意外と多いのですよ。

SENNHEISER:HD599/HD598/HD579/HD569/HD558/HD518  audio-technica: ATH-M70x/ATH-M50x/ATH-M40x  Ultrasone: Signature Pro/Signature DJ/Signature Studio/Performance 880/Performance 860/Performance 840、KRK KNS8400/KNS6400

以前のモデルHPC-35HD598/HPC-62HD598でも、Signature ProやPerformance 860での仕様ユーザーが結構いらっしゃったので、今回の新モデルでもウルトラゾーンのヘッドホンでの使用が多そうです。Performanceシリーズは、先日Performanceシリーズ専用Bluetoothアダプター「SIRIUS」が発表され、注目が集まっているだけに、さらにケーブルを純正からオヤイデ製にグレードアップする楽しみが増え、Performanceシリーズユーザーにとっての楽しみが増えるのではないかと思います。

一見、前モデルHPC-35HD598/HPC-62HD598から、HPSC-35HD500/HPSC-63HD500へのリニューアル、ケーブルをHPC-22WからHPSC-22Wに換えるにあたって、従来になかったシルクスリーブの端末処理や、モールド加工の内部処理、材料調達、生産工場のスケジュール確保など、色々と苦労がありました。前モデルはとても人気があり、後継モデルを待ち望む声を多くいただいていただけに、一刻も早く後継モデルを出さねばと、昨年末から準備を進めていたのですが、ようやく今回の発売にこぎ着けました。

では、HPSC-35HD500とHPSC-63HD500の8/25発売まで、いましばしお待ち下さい。HPSC-35HD500とHPSC-63HD500は全国のオーディオ店、家電量販店、ネットショッピングサイト、ヘッドホン専門店、オヤイデ電気秋葉原店、オヤイデ電気オンラインショップなどでご購入いただけます!


2017年8月11日金曜日

8/12土曜日オヤイデ電気限定販売電源ケーブル発表!みじんこ荒川手作り品計6種類!

季刊オーディオアクセサリー164号(春号)と言えば、すでに現165号の一つ前の号ですが、
この号に以下のような広告があったのを皆さんお気づきでしたでしょうか?

 308~309ページにかけてのオヤイデ電気の広告で、上は308ページ。この広告、オヤイデ電気の電源プラグ・IECコネクターP/Cシリーズについて、その特徴だけでなく、~みじんこ荒川のP/Cシリーズインプレション~と題して、各々の音質傾向にまで踏み込んで書いています。電極の材質違い、メッキなどの表面処理の違いによって5種類あり、それぞれ音色が違うのです。この広告のコメントを以下に抜き出してみました。


P-029 C-029
真鍮電極、無メッキ

低域から高域まで適度に引き締まった、にじみが少なく、ニュートラルでフラットな音。高域の音抜けが良く、爽やかで明るい音。癖のない音が好まれる。他のプラグとの組み合わせも良。  

P-037 C-037 
リン青銅電極、銀+ロジウムメッキ
ロジウムメッキと銀メッキの特色がミックスされ、音場感が特に優れ、にじみが少なく、輪郭鮮明で、シャープで、ハイスピードで鮮度の高い音。絵で例えると日本画。日本人好みの音。  

P-079 C-079 
リン青銅電極に金メッキ
暖かみのある中域重視のバランスの良い音。ウエットで湿り気のある、女性ボーカルに最適な耳当たりの良い、明るく優しい音色。リラックスして長時間のリスニングをしたい人におススメ。  

P-046 C-046 
リン青銅電極に金+パラジウムメッキ
濃密な陰影と奥行きをもった音場感。どっしりと厚みのあるピラミッドバランス。独特の高域の密度。芯の強い中低域。ボーカルや弦にコクがあり、ジャズ好きには堪らない。  

P-004 C-004 
ベリリウム銅電極にプラチナ+パラジウムメッキ
低域から高域まで厚みと広がりを感じさせる豊潤な音色。中高域に心地よい響きが加えられ、低域は重厚感がある。音の輪郭は太く濃く描く方で、絵でいうと油絵のような感触。独特の躍動感。



 さらに309ページでは、「自作するなら音をカクテルして楽しもう!」と題して、電源プラグとIECコネクターに、材質および表面処理の違うものをあえて組み合わせた場合の音質傾向について記載しています。この広告の文章を改めて抜き出してみると、以下のようなものになります。

「オヤイデの電源プラグ/IECコネクター“P/Cシリーズ”は全部で5種類。電極材質とメッキの違いによって、音質を自在に操れるのがウリです。さて、ここでは種類の異なる電源プラグとIECコネクターをミックスしたらどうなるか?メーカー完成品では決してあり得ない、自作電源ケーブルならではの組み合わせの妙を探っていきたいと思います。いずれも、オーディオファンなどから寄せられた数々の体験報告を元に、みじんこ荒川が再検証し、選び抜いた珠玉の組み合わせ。異なる素材・メッキの電源プラグ/IECコネクターで揃えると、両者の音がカクテルされ、単一素材では得られない絶妙な音色を奏でます。ぜひ皆さんもお試しあれ! 」

 実際に製作すると、上写真や下写真のようなカラフルな電源ケーブルになります! 全部で6種類!これらのケーブルの中身は全てBlackMambaV2で、カーボンカラーPETチューブを掛けています。私の手作り品で、ぱっと見は普通ですが、細かいところにいろいろと音質向上、仕上げ向上のノウハウがあったりします。端末には「MIJINKO SIGNSTURE MODEL」シールが貼られています。

いままでこれらのパターンの電源ケーブルを幾度も自分用、あるいは特注製作で製作してきましたが、今回、私が店頭に立つ記念で、改めて製作しました。私が昨夜夜なべして製作した、出来立てほやほやの未使用品です。

明日8/11土曜日にオヤイデ電気秋葉原店で限定各1本ずつ販売します。お値段は店頭でのお楽しみ。

さて、それぞれのモデルの音質傾向を、広告のコメントの抜粋で、あらためて確認していきましょう!



電源プラグ P-037 + IECコネクター C-079 
037の切れの良さと、079の耳当たりの良さが同居した、甘酸っぱいシャンパンのようなサウンド。溌剌とした、濁りの無い、やや暖かみのある爽やかな音色。  

電源プラグ P-046 + IECコネクター C-037 
046のコクを037の切れでミックスした、カツーンとくるピリ辛サウンド。046の中低域の芯の強さに、037のシャープさがプラスされた、音が凛と立つ、緊張感みなぎるハードさが魅力。 

電源プラグ P-037 + IECコネクター C-029 
037の鮮明さ心地よいスピード感は好きだけど、両端を037にすると耳当たりがきついと感じる場合、029を組み合わせると037をうまく中和。適度な刺激を感じさせる、子気味良いレスポンスに生まれ変わる。  

 電源プラグ P-046 + IECコネクター C-004 
004の豪快さに046の密度感を加えた、どっしり、まったりと厚みのある音。このレシピは知人から教えてもらった組み合わせで、037に比べ高域は抑え気味になるが、中低域のボリュームは秀逸。  

電源プラグ P-004 + IECコネクター C-029 
029は安いからダメだろうと敬遠される方もいますが、実力はさにあらず。029の色付けない素直さに、ベリリウムの熱い音がミックス。適度に押し出し感のある、かといって神経質になったり、厚ぼったくない、バランスの良い音。

電源プラグ P-004 + IECコネクター C-079 
004の旨味と079の甘さがブレンドされた、適度な迫力がありながらも耳馴染みの良い音。これも知人の編み出したレシピだが、最終的にこれに行きついたというだけあって、万人に勧められる鳴りっぷりの良さ。


電極の材質やメッキの有無、メッキの種類でなぜ音が変わるのか、しかも信号経路ではない電源経路の端末のプラグで、とお思いの方も大勢いるでしょう。その理由を万人が納得しえるよう、実測データも交えて明確に答えられるオーディオケーブルメーカーはまだ存在しません。が、しかし、変わるのは事実。難しいことはさておき、私のコメント通りの音になるか、ご興味のある方、上記の組み合わせで製作、またはこの1点ものをゲットしてみてくださいね。では、明日、盆休み真っ最中ですが、オヤイデ電気秋葉原店は元気に営業してますので、私も数年ぶりに店頭に立ちますので、ぜひ遊びに来てくださいね。明日はいろいろと特価品も並び、いつにも増してお買い得品が目白押しとなりますよ!

2017年8月9日水曜日

8/12土曜日 私みじんこ荒川がオヤイデ電気秋葉原店にやってきます!

今日は随分と暑いですね!その暑さをぶっ飛ばすように8/12土曜日、私がオヤイデ電気秋葉原店に立ちます!

すでに先週土曜日に店頭で告知されています。いやー、ずいぶんと派手な告知でございます。

私がオヤイデ電気秋葉原店の店頭スタッフだったのは、いまから8年前、2009年の1年間で、その後は御茶ノ水の本社で仕事をしていて、展示会や試聴会、自作講習会などでしか、お客さんと直接会う機会が無かったのです。 そこで、久々に店頭に立つことになったのですよ。

きっと炎天下、予報によると東京は曇りのようですが、よろしければ8/12土曜日、オヤイデ電気に遊びに来てくださいね。オーディオのことならなんでも相談に乗りますよ。こんなケーブルを作りたいとか、こんなオーディオシステムだけど、どこをどういじれば良くなる?とか、なんでもいいですよ。私がいる時間は、11時から18時くらいまで。

なお、私が製作した限定電源ケーブルや、普段私が工作で使っている工具類、おすすめパーツなども、当日ぐぐっと店頭に並びますので、それを見に来るだけでも楽しいと思います!では、お待ちしてまーす!!





2017年7月29日土曜日

電源&アクセサリー大全2018発売!オーディオファン必見です!

昨日発刊されました!音元出版の電源&アクセサリー大全2018。2年に1度発刊される本書は、オーディオアクセサリーや電源回りに特化した世界唯一の特集本。

電源ケーブル、電源タップをはじめ、マイ電柱、電源基礎知識などを盛りだくさんに掲載。
私 も、オーディオみじんこ”の電源ケーブル自作マニュアル、として電源ケーブルの潮流や、自作におけるケーブル選びのポイントを詳細に寄稿しています!オヤ イデ電気の製品群も紹介されています。本邦初公開の新型電源プラグ、IECコネクター「ARMOREDシリーズ」の速報レポートも掲載。まずは本を手に 取ってみて下さい。全国の書店に並んでいます!

2017年7月6日木曜日

ポタ研2017夏 オヤイデ電気の物販品をご紹介!会場でお待ちしてます!

いよいよあさってに近づいてまいりました、フジヤエービック主催のポタ研2017夏。中野のサンプラザで年に2回開催される恒例のヘッドホン/イヤホン関連の展示会、即売会です。
オヤイデ電気もポタ研会場で展示および物販を行います!

さて、今回の物販の目玉は・・・

 オヤイデ電気ショップオリジナルの手作りイヤホンリケーブルが種類も豊富に特価販売!値段は来てのお楽しみで、ここでは伏せてあります。ここに写っている以外にもまだありますので、当日会場で好みのリケーブルを探してみてください!

 ジュンフロン線あり、銀メッキOCC線、人気のオーグラインを使ったものなど、全て1点ものです!

 銀メッキOFCも人気のリケーブル配線材で、これを綺麗に編み込んでいます!4N純銀線もオヤイデならではのリケーブル配線材で、広大な音場感は純銀ならではといったところで、興味のある人はいち早くオヤイデブースにお越しください。


オヤイデ電気は配置図の42番、会場入り口すぐに出店しています!

 さて、ショップオリジナルイヤホンリケーブルに続いては、自作用のプラグ類のご紹介!今回もオヤイデ電気製のプラグ類、フルラインナップで展示販売します!値段は通常オヤイデ電気秋葉原店などで売られている値段よりもお安め。ネットで公開するといろいろと差し障りがあるので、ここでは伏せておきますが、自作派はこの機会に欲しいプラグをめぼし付けてまとめ買いしてください!

 2.5mmミニプラグだけでも2極(P-2.5MG)、3極(金P-2.5G、銀/ロジウムP-2.5SR)、それに4極が2種類と、計5種類もあります!2.5mm4極バランスプラグはオヤイデ製のP-2.5/4Gとノーブランドのもの2種類ありますが、ともに安定した人気がありますね。
 
 3.5mmの4極プラグP-3.5/4Gと4SRもあります。これらはリモコンやマイク付きケーブルのプラグ部分のグレードアップにお使いいただける上、最近では左右アース分離型ヘッドホンアンプからの出力用ヘッドホンケーブルの自作に、需要が高まっています。

 もちろん一般的な3極ステレオミニプラグも揃えており、なんとストレート側だけでもメッキ違いなどで6種類もご用意!

L型3.5ミニプラグも3種類!金メッキのP-3.5GLはケーブル引き出し口径4mmと6mmがあり、ケーブルに応じて、好みの方をどうぞ。

MOJOなどのポータブルの デジタルケーブルで需要が多い2極3.5ミニプラグP-3.5MSR、延長ケーブル自作に3.5メス型ミニプラグJ-3.5SRも!

FITEARケーブルコネクタ、カスタムIEM2ピン、MMCXコネクター、アイリスコネクターなど。

 ソニーのバランス用4.4mm5極プラグも販売します!

 DCプラグも4種類!

イベント限定でご用意した左はMOJOなどに使える純銀デジタルケーブル、右は102SSC導体採用のステレオミニケーブル。

これはバランス変換ケーブルで、XLR同士の変換もの、およびTEAC UD503やRME ADI2proに使えるTRS-XLR4BC

クリーニングナノクロスも登場!生産終了品のミニケーブル1.2mもののHPC-MSLもアウトレット特価販売!

ケーブルの切り売りもします!

銀メッキOFCは4色!

人気のオーグラインは2種類!

102SSC導体リッツ線のHPC-28-2U V2も取り揃えてます!

4N純銀0.1sq線もお買い得!

HPC-24Wも白と黒の2種類、それに4芯シールドのモガミ2799も!

4芯シールドの102SSC導体採用、オヤイデのHPC-26QUADも!

さて、このほかにもFiiOのアウトレット品がアウトレットで並びますが、何が出てくるかはお楽しみ!
展示試聴としては、FiiOのX5 3rdをはじめ、Re:cordのイヤホンリケーブル群、cozoyなどがお試しいただけます。

それでは、会場でお会いしましょう!