このブログを検索

読込中...

2015年1月15日木曜日

新導体オーディオケーブル試聴会、1月17日(土)ヨドバシAkibaにて開催 オヤイデ電気も参戦!

現在発売中の季刊オーディオアクセサリー155号ファイルウェブニュースでも告知されている通り、福田雅光先生が司会のオーディオケーブル試聴会が、ヨドバシカメラ秋葉原店4Fオーディオフロア試聴室で開催されます!あさって1/17の土曜日開催です!

そこにオヤイデ電気も参戦します!登場するケーブルブランドはオヤイデ電気、サエク、ゾノトーン、アコースティックリバイブ、ナノテックシステムズの5社。まず、各社最新の電源ケーブルの比較試聴を行い、次いで各社のラインケーブルの比較試聴、最後にスピーカーケーブルの比較試聴を行う予定です。2時間めいいっぱい、これほど旬のオーディオケーブルを一斉比較試聴できる機会はおそらく今回が最初で最後かもしれません。ぜひご来店下さい!着席できるのは30名くらいらしいですが、大入り満員が予想され、ぎりぎり来店だとおそらく立ち見必至でしょう!

■イベント名:「新導体オーディオケーブル試聴会」
■開催日時:2015年1月17日(土)13:00 ~ 15:00
■開催場所:ヨドバシカメラAkiba 4Fオ-ディオコ-ナ-試聴室
■入場無料、事前予約は必要ありません


2015年1月13日火曜日

がっちりマンデー1/18放送分にオヤイデ電気が登場します!

  がっちりマンデーと言えば、日曜朝7時半からTBSで放送されている経済バラエティ番組です。
そのがっちりマンデーにオヤイデ電気が登場します! 

ゲストは香川照之さん。

1/18の特集は狭い業界シリーズ17弾「ワイヤー」。

 3ジャンルの異なるワイヤー業界が登場しまして、オヤイデ電気は2番目に登場します。まず、オヤイデ電気の事務所訪問から始まり、社内試聴室での試聴レポートから、オヤイデが撚り線加工を依頼している三洲電線の工場見学まで、オヤイデのケーブルの高音質化のノウハウに迫ります!上写真の左端に102SSCの元になる荒引き銅線を巻いたドラムがあり、そこから荒引き銅線が伸線機に導かれていきます。さらに隣にある素線の直径測定を行う装置に素線が導かれて、その過程で電気アニールが行われ、さらに右端にある巻き取り機でアニール済みの素線がボビンに巻き付けられていきます。

こちらは102SSCを延ばす伸線機の前で天然ダイヤモンドダイスをレポーターの方が手に取っているところ。

三洲電線の企業秘密満載なので、あまり細かいところは見せられないのですが、これが102SSCを伸線している様子です。20個ほどの天然ダイヤモンドダイスの中を荒引き銅線が通っていくうちに、段々と所定の細さまで伸線されていくのです。この様子もテレビで流れます。

さて、私スタジオ収録にもお邪魔しまして、実際にスタジオでの音質比較テストも試みました。このように同じオーディオシステムを2セット用意しまして、同じCDをセットし、瞬間的に 切り替えて試聴しました。急なお願いにも関わらずオーディオシステムをお貸し出しくださったディーアンドエムホールディングス様には感謝感謝です。試聴システムはマランツのプリメインアンプPM7005とCDプレーヤーSA6005、スピーカーがB&Wの685だったかな。このシステムを乗せたテーブルを本番時にスタジオセットにえいこらせっと持ち上げて、出演者の皆さんにお聞きいただきました。試聴ディスクはドナルドフェイゲンのザ・ナイトフライから1曲目のI.G.Y.をセレクト。

裏面はこうなっています。奥が機器に付属したりしている普通のケーブル。手前がオヤイデの102SSC導体を使ったオーディオケーブルでワイヤリングされたシステム。アンプにはTUNAMI GPX V2、CDにはTUNAMI GPX-R V2、RCAケーブルにはTUNAMI TERZO RR V2、スピーカーケーブルにはTUNAMI II SP-B V2を使用。写真には写っていませんが、一般のシステムには普通のOAタップ、手前のシステムにはMTB-6を使用しています。 また、この2セットのシステムまでは50mもの昭和電線エコシース線を用いた電源タップを急遽製作し、それでスタジオの壁コンセントからシステムの近傍まで引き回しています。とにかく、スタジオ収録でオーディオシステムによる比較試聴をやりたいので準備お願いしますと言われたのが、収録の2日前だったので、準備がえらく大変でした。

とにもかくにもスタジオでの音質比較デモは大成功。最初は懐疑的だった森永卓郎さんも聴き入るうちにやはり違うなということになり、加藤浩次さんもギターの胴鳴りが全然違うと言って下さり、香川照之さんも音のリアルさが伝わってくると、延々十数分に渡り何回も何回も聴き比べて遊んでおられました。たぶん実際の放送では大部分がカットされていることでしょうが、香川照之さんはケーブルの見た目も気に入られ、ワイヤー特集なのに、ケーブルケーブルと豪語され、これからはオーディオを裏返してケーブルを拝みながら音楽を聴きたいね、とまでおっしゃれていました。

テレビの深夜番組でオーディオが取り上げられたことは何度かありますが、朝の経済番組で音質比較試聴まで行ったテレビ放送が放映されるのは、おそらくこれが初めてではないでしょうか。

というわけで、がっちりマンデーのワイヤー特集は2015年1月18日(日)の7:30-8:00の放送です!お見逃し無く!


フジヤエービック 完全受注品のイヤホンリケーブル試聴会 今週土曜日に開催!

フジヤエービックで今週末の1/17-18にイヤホンリケーブル試聴会が催されます!
今日、 告知がなされたので、当社でもリンクを貼っておきます。内容は以下の通り。

 メーカー秘蔵の逸品や、今回のイベントに向けて試験的に作成したもの等、レアなイヤホン用リケーブルをお試し頂けるミニ試聴・展示会。
またOJI Special製高級アンプ・D/Aコンバーターのセットも展示致します。

オヤイデ電気も1/17の方に出展します。作品写真はこちらのフジヤエービックのブログにも載ってます。




オーディオみじんこシグネチュアモデルとして、私みじんこ荒川が手作りするモガミ2534を使ったヘビー級MMCXリケーブル(ポタフェスバトルの優勝作品)。


オヤイデ秋葉原店のスタッフ鈴木による「SKポタラボ」から、このイベントのみのパーツ構成からなるMMCXリケーブル。


さらにオヤイデ本社スタッフの鈴木薫によるMMCXリケーブルも出展します。

いずれも試聴会に来られた方向けの完全受注生産品となり、当日はそのデモ機が陳列され、ご自由に試聴可能になっています。値段は比較的リーズナブルにしたつもりで、いずれも一万円弱です。

あまり注文が入り過ぎると、手作り品故に、プライベートの時間を割いてまで製作する羽目になり、心境なかなか複雑ですが、それだけに製作者の魂の入った作品が手に入るというわけで。

2015年1月12日月曜日

オヤイデ電気スタッフ募集

私たちオヤイデ電気では、ただいま一緒に働いてくれるスタッフを募集しています!

★☆★オヤイデ電気スタッフ募集!★☆★

<株式会社小柳出電気商会スタッフ募集要項>


業務内容: 販売及び商品管理 他


勤務地: オヤイデ電気 秋葉原店舗 所在地: 東京都千代田区外神田1-4-13 (地図)


時給: ¥1,100(研修期間2ヶ月¥1,000)より 経験、能力を考慮の上優遇


資格: 20歳以上 未経験者可
(高等学校卒業以上、要原付免許、パソコンをある程度出来る方、販売経験ある方優遇。 WEBメディア(SNSBlog等)に関心の高い方PhotoshopIllustratorの基本的な操作ができる方、英語・中国語出来る方尚良し。


待遇: 従業員割引制度有 制服貸与 能力により昇給あり 交通費規定支給



社員登用: 勤務状況により考慮


期間: 長期


勤務時間: 10:0019:00(週56日※応相談)


休憩時間: 1時間

休日: 日曜定休(祝日営業)

給与の締め・支払い日: 20日締め25日払い

必要書類: 履歴書(写真貼付)


オーディオ・プロ用機材などのケーブル、オーディオ・アクセサリーの製造・販売、産業用電材の販売、オンラインショップ企画・運営などに携わる業務です。
応募方法:電話またはメールにてお問い合わせください。

お問い合せ:http://oyaide.com/catalog/contacts/ Tel:03-5684-2151 担当:川内

3.5ステレオミニ着脱方式ヘッドホンのリストアップ2015年1月版!


あけましておめでとうございます、というには日にちが経ちすぎました。ごぶさたのみじんこ荒川です。さて最近、ヘッドホンの3.5ステレオミニ着脱方式のヘッドホンリストを作成しておりました。実際に私がHPC-35/62をヘッドホンに挿し込んで動作OKだった機種たちです。ご参考まで。

AIAIAI : TMA-1
AKG : K845BT
ALLEN&HEALTH : XONE XD2-53
Audio-technica : ATH-ANC7 / ATH-ANC7b / ATH-PRO500Mk2 / ATH-PRO700Mk2 / ATH-PRO700Mk2ANV / ATH-MSR7 / ATH-PRO5Mk3 / ATH-PRO700Mk2 / ATH-MSR7LTD
Bayerdynamic : CUSTOM ONE PRO
beats : Studio (初代) / Pro / Solo HD / Mixr
Boomphones : Phantom
BOOMPODS : headpods
DENON : AH-MM300 / AH-MM400
Dreams ZHP-1000 / ZHP-600
ELECOM : EHP-OA300
Equation Audio : RP-15MC/RP-21/RP-22X
Fischer Audio : Jubilate
FANNY WANG : FW-1001/FW-1003/FW-HEADPH1001/FW-2003/FW-3003/FW-HEADPH1004
 /FW-HEADPH3001/FW-HEADPH1002
FOSTEX : T20RP Mk2/T40RP Mk2/T50RP
GOLDRING : DR-150
JABRA : MOVE WIRELESS / REVO WIRELESS
JBL : BASSLINE
Klipsch:Mode : M40 / STATUS
KOSS : Pro DJ200
Marshall : Monitor Black
M-AUDIO : STUDIOPHILE Q40 / HDH50
MONSTER CABLE:MH BEATS PI OE/MH BTS OE WH/MH BTS ON SO CT/
 /MH BTS ON SO WH CT/MH BTS ON WH CT/BEATS BY Dr. Dre BEATS PRO/BEATS BY Dr. Dre DETOX
 /MH BTS ON SOHD CT/NC MH NTU ON CTU/BEATS SOLO Dr.Dre / Diamond / DNA / Nokia Purity HD / DIESEL VEKTR / N-TUNE / iSports Freedom
mix-style : novel
NIXON : THE RPMl
noontec : zoro
Neu : HX-1
NuForce : HP-800
Numark : HF325
Ortofon : O-one
PANASONIC : RP-HC500
/ RP-HD10
PARROT : Zik2.0
Perfect Sound : dido d901 / s301
Phill Jones Bass : H850
PHLIPS : SHN9500 / Fidelio X1 / Fidelio L2BO / SHL5705
PIONEER : SE-MJ751 / SE-MX7 / SE-MX9
Radius : HP-OHF11
Scosche : REALM OE
Skull Candy : Mix Master / AVIATOR
SENNHEISER : HD215 / HD435 / HD485
SMS Audio : STREET On-Ear / STREET Over-Ear Wired ANC / Sync On Ear Headphones BT
SONY : MDR-1R / MDR-1RMk2 / MDR-10R / MDR-1R NC Mk2 / MDR-1R BT Mk2 / MDR-1ADAC / MDR-NC500D/ MDR-NC200D / MDR-NC60 / MDR-NC600D / MDR-Z1000 / MDR-7520
SOUL by Ludacris : SL150 / SL100
TDK : ST460S / ST560S
ULTRASONE : HFI-2200 / HFI-2400 / Proline550 / Proline650 / Proline750 / Proline2500 / PRO550 / PRO650 / PRO750 / PRO2500 / PRO900 / PRO2900 / DJ1PRO
Velodyne : vTrue OverEar REF / DESIGNER SKIN
Victor : E-HANC250
V-moda :
Crossfade M-100 / Crossfade M-80 / Crossfade LP / Crossfade LP2
WeSC : WeSC RZA
Yamaha : HPH-PRO400,HPH-PRO500

2014年12月1日月曜日

マックスオーディオやノムラ無線、寺島邸訪問など11月も色々行ってきましたよ

11月も色々ありました。もうお写真だけさくっとお見せしてアーカイブといたしましょう。まずは11/3にマックスオーディオの展示会が小倉でありまして、オヤイデの102SSC導体採用V2ケーブル群の試聴会を実施。


会場で中古販売されていたオーディオ機器を使った即席のシステムでしたが、これがなかなかいい感じに鳴ってくれまして、PCOCC-Aの初代モデルとの比較もきちんと再現できました。マックスオーディオ小倉店、福岡店ではオヤイデの102SSC製品群を全て展示試聴できるようデモケーブルをご用意されてますので、九州近郊の方で興味のある人はぜひマックスオーディオへ!

会場近くから見える小倉製鉄所。この異様な雲景色と相まって壮観です。

あ、そうだ、さかのぼること10/25-26はヘッドホン祭でした。

もう色々な情報サイトで公開 されているので、いまさらですが、FiiOのポータブルハイレゾプレーヤーX1を展示。これももうじき皆さんのお手元にお届けできるはず。ただいま鋭意発売準備中。


さらにこちらオヤイデのMMCXイヤホンリケーブルHPC-MX。丸1年前の同展示会で先行試作モデルを公開しているにも関わらず、102SSC導体の登場まで発売を延期していたHPC-MXですが、こちらももうじき102SSC導体をひっさげてお目見えします!従来のHPC-SEに比べて、音質面はずいぶんとアップし、なおかつ信頼性も向上しているという、これはもう買うっきゃないでしょ。しかも、お値段が、、、まだ言えませんが、ずいぶんがんばりました。正式な発売アナウンスはもうじきですから、みなさん、もう半月ほど待ってね。

 11/8-9は名古屋のノムラ無線でオヤイデ電気の102SSC製品群と、エントレック社の仮想アース装置テルスとシルバーテルスの試聴会を実施。

こちらは小規模ながら大盛況で、参加者の皆さんは熱心な方々ばかりで、皆さんとあれやこれやと接続実験を試して、楽しい二日間でした。オヤイデの試聴会、ケーブルが主役なので、オーディオ機器はおしりを向けているのが特徴です。ノムラ無線ではオヤイデのV2ケーブルが全て展示試聴できますので、名古屋近郊でオヤイデ新製品にご興味のある人は行ってみてね!

そうそう、仮想アースと言えば、銀線アースケーブルが今夏発売といいながら一向に出て来ないじゃないかと、文句を言いたくもなるもんです。はい、全て私の責任でして、102SSC開発の慌ただしさに阻まれて、若干ほったらかしとなっておりましたが、じっくりと進めておりますよ。こちらは純銀アース線の端末に用いるための純銀Yラグの素材。そう、純銀の板材です。この小さな一塊でなかなか凄いお値段します。ちょうど先週、この板材の加工が終わってYラグが出来上がりました。さて、これから純銀線との接合作業が始まります!発売はいつになるかなぁ、たぶん来年2月頃かな?とにかく、この純銀アース線、試作段階ですでにもの凄い音を醸し出しております。乞うご期待!

11月中旬にはジャズ喫茶メグの寺島邸にもお伺いし、いろいろと仕込んできました。とにかく凄いケーブルの山で、これぞ男の城!という感じでした。 滞在時間4時間ほど、寺島さんとのお話が途切れること無く、聴かせていただいたジャズも大迫力で、とても楽しい時間を過ごせました。仕込みの詳細についてここで書くのは控えます。その内容を記事にされるかどうかは寺島さん次第ということで。

11/22は秋葉原のボークスが新店舗でリニューアルオープンしました。このビルは電気街口に位置し、ラジオ会館の隣の隣にあります。飛ぶ鳥落とす勢いのボークス。オーディオとは関係ないですけど、私これでもプラモマニアなもんで。積んどくモデラーですけどね。

2014年11月30日日曜日

102SSC新製品使いこなしアドバイスのチラシ公開!

ごぶさたしております、みじんこ荒川です。いやー、オヤイデの新導体102SSCによる新製品群も、10月発売の第一陣、年末発売の第二陣が手離れしてほっとしているのもつかのま。来年に向けての第三陣、第四陣の製品企画が色々ありまして、しばらくこれらの新製品群を軌道に乗せるため、のんびりはできなさそうです。というわけで、オヤイデ電気は怒濤の驀進中!今後、何が登場するかはお楽しみ。12/5に2製品公開されます。

そうそう、最近こんなチラシを作りました!102SSCを使用したV2ケーブルの使いこなしアドバイスのチラシです。これはご要望のあったオーディオ店にお渡ししているチラシというか、PDFデータです。皆さんにもご参考になればと思い、JPG画像ファイルに変換して公開します。


102SSCは本当に良く出来た導体で、好みの範疇を超えた高解像度、ワイドレンジを備えています。私も今まで自宅で使っていたPCOCC-Aケーブルや配線を順次102SSC導体に入れ替えていこうと画策しています。しかし、スピーカーの内部配線をやり換えるのは一苦労だろうなぁ。今は初代TUNAMI NIGOをばらした芯線を内部配線に使っているのですが、これをTUNAMI NIGO V2なり、102SSCを使用したまだ未公開のマル秘内部配線材に交換したい。ま、そんなわけで内部配線材ももう少し待って下さいね。ちゃんと考えてありますから。