このブログを検索

読込中...

2015年4月19日日曜日

FF-20V2をスピーカーケーブルとして使用してみたら、、、

オヤイデ電気が昨年末に発売したオーディオ用高音質屋内配線ケーブルFF-20V2。ま、電源ケーブルの一種なのですが、単線なので壁の中を這わすための屋内配線のみの使用に法律上は限定され、壁コンとオーディオ機器との間をつなぐ電源ケーブルには使えないことになっています。オーディオ機器との間をつなぐ電源ケーブルとして使う場合には自己責任ということで。

FF-20V2は初代FF-20(2013年発売)の後継機で、格段に性能が強化されています。その要因は導体、PCOCC-Aに代わって102SSCが使われていること。先に初代とV2との試聴結果を述べますが、V2は初代よりさらにワイドレンジになり、癖らしい癖もなく、あっけらかんとした明るめの初代に比して、V2はやや温度感が冷ややかな方に寄りましたが、良く言えばモニター調の整然と描き出す方向性で、音の粒立ちもより精彩になりました。

で、私は初代F-20を自宅の中高域用スピーカーケーブルとして使用しているのですが、 これをFF-20V2に換えてみようと思います。まずはFF-20V2の黒い外装シースを適宜はぎ取り、絶縁材を15mmほど剥きます。そのままスピーカーターミナルに差し込んでも良いのですが、初代では端末にバナナプラグ(SRBN)を装着していたので、今回もそうしようと思います。

 外装シースの断面はそのままでも実使用上問題なのですが、見た目にそっけないので、熱収縮チューブをかけてみます。これはニシチューブ。FF-20にはφ10かφ15あたりがちょうどよいです。
ヒートガンでニシチューブを収縮させます。ニシチューブは熱収縮チューブのなかでも肉厚なほうなので、出力の大きな、1000W以上のヒートガンであぶった方が早く奇麗に収縮させられます。出力の弱いヒートガンだと、時間がかかるし、収縮にムラが生じて奇麗に仕上がらなかったりします。おすすめはハッコーのNo.883です。

ニシチューブを収縮させたところ。質感的にもFF-20V2とニシチューブは半艶同士なのでマッチング良し。 ま、熱収縮チューブに関しては、熱収縮チューブをかけると音が悪くなるという意見もあり、不必要に何でもかんでも熱収縮チューブを被覆すれば良いとは限らないのですが、熱収縮チューブの分だけしtま、オーディオは見た目の美しさも重要ですからね、そこらへんは個人の好みで好きなようにやればいいのではないかと思います。

 さて、バナナプラグに絶縁材をひんむいた単線を入れて、、、

バナナプラグの付属ネジを六角レンチで締め上げます。 FF-20V2は単線なので、ネジを回すのにも力がいります。ネジを単線に食い込ませるように片手でプラグをしっかり押さえながら、ぐいぐいレンチを回していきます。中途半端に締めると、接点不良で音が悪くなりますし、プラグが引っこ抜ける恐れもありますので、しっかりとネジ止め固定しましょう。逆に、単線はちょっとやそっとの力で線がちぎれることはありません。撚り線だと、締め付けすぎると、素線がちぎれてしまうことがあります。

さぁ、バナナプラグを取付け、完成したFF-20V2によるスピーカーケーブル。

銀ロジウムのボディに青ネジが美しいSRBN。音もシャッキリクリアーなので、これを装着するだけでスピーカーケーブルは格段にグレードアップします。ただし、FF-20V2のやや冷たい傾向の音に、SRBNの傾向が重複するので、低域がタイトになり過ぎて高域が目立ちすぎる可能性もあります。その場合は、FF-20V2をそのままターミナルに接続するか、金メッキやプラチナメッキ系の端末プラグを装着してやると、帯域バランスが整うかもしれません。



 みじんこの自宅システムは現在、低域用にはKT-88を用いたラックスマンのMQ-88を使用。

中高域用には、300Bを用いたサンバレーのSV-510SEを使用しています。

 SV-510SEのスピーカーターミナルに、もともと付いていた初代FF-20を引っこ抜いて、FF-20V2を差し込みます。赤いRCAケーブルはベルデンの88760からなる自作品。88760は切れ味抜群のケーブルとして有名ですね。

試聴結果は一番最初に書いた通り、やや硬質ながらハイスピードできっちりと音を輪郭鮮明に出してきます。2ミリもの太い単線ゆえに、音は遊びのない直線的でドライな傾向。撚り線のような柔らかなニュアンスは出にくいです。したがって、この音が好きな人と嫌いな人とに二分されるかと思いますが、ロックやポップスをハードにシャープに聴きたい人はぜひFF-20V2をお試しあれ。





ミュージックバード4月5月の放送はいきなりマニアック!配線材一挙聴き比べ!

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、私4月からミュージックバードの新チャンネル「ジ・オーディオ」にて「みじんこ荒川と炭山アキラのオーディオ実験工房」をやってます!



番組名のとおり、司会は私と、オーディオ評論家の炭山アキラさんとの2名でやってます。炭山さんとは私が業界に入る前から、自作スピーカーの試聴会などで存じ上げており、私がオヤイデ電気に入ってからは、仕事で時折お会いすることもあって、同じ長岡派ということで、とても親しみのある評論家さんです。

私が自宅で使っているスピーカーも炭山さんの設計制作によるものです。縁があって3年前から私の自宅で使っています。いまこのブログを書いている時にもバリバリ元気に鳴っています。



それはさておき、このオーディオ実験工房、このミジンコブログとミュージックバードと月刊ステレオの3媒体を使って、オーディオの面白さを視覚、文章、そして実際の音で味わってもらおうという主旨でやっています。その第一回目と第二回目の放送の模様はすでに 月刊ステレオ4月号に掲載されています。

この回では レコードプレーヤーを使ってアナログの実験を行いました。試聴盤はELPのタルカスです。

 1回目(3/30放送)ではヘッドシェルやオーディオテクニカのAT33シリーズのカートリッジ聴き比べを行いました。AT33シリーズは4機種だったか、AT33Eはスタジオの備品、AT33ML/AT33PTG/AT33PTG2は炭山コレクションです。私もAT-33ML OCCという大ヒットしたカートリッジを愛用していましたが、その他の33シリーズも大変魅力的でした。


AT-33PTGはやはり王道のどっしりサウンドでしたね。最新のAT-33PTG2も最新機種らしく高解像度で安定感のある音色。33とは違いますが、最後にハイエンドモデルのAT-ART9もききました。これはさすがに10万円越えの機種、高解像度でワイドレンジ、彫りの深い描写。

デノンDL103シリーズと双璧をなす国産カートリッジ、オーディオテクニカのAT33シリーズは、いまも健在で、メイドインジャパンらしい写実的でクリアーに音を描き出す、そんな魅力満載のカートリッジたちでした。個人的にはAT-33MLをもう一度入手したくなりました。

第二回目(4/13)の放送では、シェルリードワイヤー聴き比べ。普通のリードワイヤーからテクニカのPCOCCリードワイヤーAT6101、オヤイデの純銀製HSR-AG、それに私が自作したウエスタンエレクトリックの錫メッキ単線絹/紙巻きビンテージワイヤーを使ったものまで。ま、たった3cmほどの線で音がころころ変わる変わるわ!試聴の結果は、番組をお聞きの方ならもうご存知ですよね。

オヤイデの3398-22を使ったリードワイヤーを装着。カートリッジはAT-33E。シェルはオヤイデのHS-CF。この前に聴いたテクニカのAT6101に比して解像度が一挙に上がり、音場感も広大。クリアーで適度な温度感もある、まさに102SSC導体の音。 たぶん今回聴いた中ではこれが一番万人受けする音の良いリードワイヤーだと思います。このリードワイヤーはまだオヤイデで市販されておらす、自作で作るしかありません。リードチップはオヤイデで売っていますので、ぜひチャレンジを。ちなみに、このリードワイヤー、片側は金メッキシェルチップ、もう片側にはプラチナメッキシェルチップを使って、両者のいいとこどりをしています。金は暖かみと明るさがあり、プラチナには艶やかさと重厚感があります。

ウエスタンエレクトリックの錫メッキ単線絹/紙巻きビンテージワイヤーを使ったリードワイヤーを装着。エッジが立って、カツーンとくるエネルギッシュな鳴りっぷりに激しく感動!個人的にはこれが一番プログレに合っていました!

オヤイデの純銀製HSR-AGを使ったリードワイヤーを装着した場合。銀線らしく繊細感が際立ち、さらりと爽やかで現代調のリファレンス的なたたずまいの鳴りの良さ。ということで、これがスタジオのリファレンスとして常用されることに。


さて、第3回目(4/27)と、4回目(5/11)と5回目(5/25)の放送では、各種配線材やRCAプラグ、ケーブル導体の太さの影響、端末の結線方法による音の違いを聴き比べます。どういったものを聴き比べるのかという詳しい試聴リストは月刊ステレオ5月号に掲載しているので、そちらをご覧いただきたいのですが、一般的なVFF線と言われるものから、OFC線、錫メッキ線、銀メッキ線、金メッキ線、純銀線、そしてオヤイデの102SSC導体まで。これが予想通りというか、予想以上にというか、かなりの音の違いがあったのですよ!自分的には、今後スピーカーを自作する時には、内部配線材にこれを使おうというのが見つかりました。皆さんも番組を聴いて、自分好みの配線材を見つけてみて下さい。

全部RCAプラグを取付けまして、聴き比べました。総数は30品目。私が自宅でしこしこ2日間掛けて製作しました。


配線材はオヤイデ電気秋葉原店で売っているものを、私がチョイスしました。天井一面を埋め尽くす、オヤイデ電気秋葉原店の配線材達。自作スピーカーや自作アンプの製作、RCAケーブルやスピーカーケーブルに用いるときの音色の参考にさればと思い、今回の企画を思いつきました。

 これはモガミ電線の2515。自作アンプの配線材として定番の配線材ですね。さて、定番と言われている2515とその他の配線材との音の違いは、、、。

 製作したケーブルは自宅とオヤイデ電気の試聴システム(サブシステム)で計2日間ほどエージング。エージング用ディスクは使わず、製品試聴でいつも使っているボーカルもののCDなどをリピート再生で延々と掛け続けました。

何十本ものRCAケーブルを短時間で同一条件でエージングするにはどうすればいいか?そこで私が思いついたのが、RCAケーブルを連結するRCA中継アダプタです。

このRCA中継アダプタを用いて製作したRCAケーブルを多重連結。これで同一時間、同一条件で一斉にRCAケーブルのエージングが可能に。

エージングの終わったRCAケーブルたち。さて、これをかついで、いざ番組収録へ参じます!配線材の聴き比べに使ったRCAプラグは、ハンダの影響を防ぎ、かつ取付け作業を単におこなうべく、RP-1013ZARHを使用。

製作したRCAケーブルは、ご覧のようにスタジオ据え付けのSACDプレーヤーとプリアンプとの間にセット。

プリアンプはEARの868PL。SACDプレーヤーはパイオニアのPD-70。


プリアンプのTAPEアウトからスタジオのコンソールへライン信号を送り込み、これをモニタースピーカーで聴き比べました。このスピーカーはジェネレックの小型スピーカーですが、非常にクリティカルに音の違いを出してくれます。コンソールを操作するのは、ミュージックバードの岩崎プロデューサー。オーディオ実験工房の発案者であり、私に番組出演を声がけしてくれた方です。数年前に、田中伊佐資さん鈴木裕さんの番組に私が出演した以来のおつきあいです。

月刊ステレオ編集部の野呂さんも取材に訪れてくれました。

 スタジオに持ち込んだケーブルたち。緑色のケーブルは第三回目の放送で聴き比べるQAC-222を使ったケーブル。2芯シールドの結線方法の違いによる音の違いを聴き比べます。この模様は月刊ステレオ6月号に詳細が、放送は6/8だったような。左の白/黒のケーブルはオヤイデの3398-18を使ったケーブルで、RCAプラグによる音の違いを検証するためのもの。

 これがその3398-18に各種RCAプラグをハンダ付けしたもの。プラグの安いものから高いものまで、その価格差が音の違いにどれだけ影響するかを聴き比べます。

こんなチープなRCAプラグ、これがなかなかにパンチがあって凄いんです!スイッチクラフト3502。これなかなか手に入らないんですよね。



放送は5/11だったかな。今回の実験内容について、製品名や価格、入手先など詳しくは本日発売の月刊ステレオ5月号に掲載しています。試聴の模様はミュージックバードに加入して聴いて下さいね。自宅のオーディオシステムに専用チューナーを接続すれば、システムのグレードにもよりますが、我々がスタジオで体感した音の変化をそのまま高音質でお聴きいただけます。ミュージックバードは衛星放送で、月額2000円ちょいから受信できる音楽専門放送。色々な加入プランがありますから、詳しくはミュージックバードの申し込みページをご覧下さい。人工衛星と自宅との間に遮蔽物が無い限り、基本的には日本全国で受信できますから、興味のある人はぜひご加入下さい!


2015年3月26日木曜日

アナログオーディオフェア2015が6月13-14日に開催されます!オヤイデ電気も出展します。

 まだ先の話ですがアナログオーディオフェア2015という展示会が6月に開催されることになりました。これが第一回目です。オヤイデ電気も出展します。先日、これに出展する企業が一堂に会した展示説明会がありました。


 さて、このアナログオーディオフェア、昨今のレコードブームにあやかって、国内外のレコード関連のオーディオ機器メーカーが集結。レコードプレーヤーをはじめ、レコード感染アクセサリーの展示をおこなうものです。出展企業は真空管オーディオフェアを重複するところが多く、開催場所も真空管オーディオフェアと同じ秋葉原の損保会館。ま、ものは試しと言うことで、ご興味のある方は6/13-14同会場に足を運んでみてくださいね。

2015年3月19日木曜日

九州ハイエンドオーディオフェアが来週末に福岡で開催!自作講習会、試聴会もやります!






九州の皆さんお待ちかね!いよいよ来週末に第12回九州ハイエンドオーディオフェア2015が開かれます!


昨年来、私もオヤイデブースの展示説明要員として毎回訪れています。
昨年春の福岡開催では、福田雅光先生をお呼びしてのオヤイデ製品などの試聴会も開催。昨年秋の小倉開催では、オヤイデの102SSC導体ケーブルのプチ試聴会を実施しました。



さて、今回の開催場所は恒例の福岡国際会議場。3/27金曜日、3/28土曜日、3/29日曜日の三日間開催です。

 さてさて、オヤイデ電気は今年もやります!なか日の3/28土曜日の午前11時jから1時間ちょっとの予定で、RCAケーブル自作講習会を実施します。講師は福田雅光先生、アシスタントは私みじんこ荒川とオヤイデスタッフ。募集は30名です。予約はマックスオーディオさんまでお願いします。


マックスオーディオ小倉店 TEL 093-591-0469
マックスオーディオ福岡店 TEL 092-734-6789
MAIL kokura@maxaudio.co.jp 


さて、このRCAケーブル製作会では、 TUNAMI TERZO V2の1mペアものを製作しますよ!


 
オヤイデのハイエンドインターコネクト切り売りケーブルTUNAMI TERZO V2を使ったRCAケーブルがたった6,000円で作れちゃう!イベントだからにぎやかで盛り上がる方がいいでしょうというオヤイデ電気のサービス魂を感じ取って下さい!


端末には、オヤイデ電気オンラインショップなどで販売している、真鍮削り出しロジウムメッキコレットチャック式RCAプラグのRP-1013ZARhを使用します!ハンダがいらずの、ネジ止め固定のみの工作です。ただし、ケーブル端末の被覆除去などは鋭利な刃物(工作用ハサミ)などを使用しますので、工具の取扱は十分慎重になさってください。RCAケーブルのペアものですから、端末は4か所。ということはケーブル端末を剥いて、プラグに通して、ネジ止め固定して、カバーをかぶせるという作業を計4回行うわけですが、見本として1か所のみ完成させておこうかと考えています。


このRCAケーブルには元ネタがありまして、今年2月に発刊された福田雅光先生著の「オーディオの新常識」に掲載されている“ハイCP高性能RCAケーブルの製作”という記事。この本にお勧めのケーブル+プラグの組み合わせとして載っています。このムック本は、月刊ステレオに連載中の同名の記事をまとめて再構成したものです。



せっかく福田先生のムック本第二弾が出たことだし、この本にまつわるケーブル工作ができないものかとネタ探し。そこで目を付けたのがTUNAMI TERZO+RP-1013ZARh。現在は102SSC導体を採用した後継のTUNAMI TERZO V2になっていますが、導体以外のケーブル構造は初代TUNAMI TERZOと全く同じです。

このTUNAMI TERZO V2を使って、私もこのRCAケーブルを製作してみました。ところがこのTUNAMI TERZO V2、一般的なインターコネクトケーブルに比べて、導体径がずいぶん太く、外装シースのウレタン皮膜もかなり厚くて硬いので、工作難易度は高かかったです。けど、どうせならオヤイデの切り売りラインナップの中でも、最高級のTUNAMI TERZO V2で工作した方が、参加する皆さんも嬉しいでしょう。というわけで、難易度高の承知の上で、無理くりこのケーブルで工作しちゃいます!


 さてさて、第12回九州ハイエンドオーディオフェア2015では、自作講習会だけでなく、試聴会も実施します!しかも今回はオーディオ評論家の福田雅光先生司会の元、オヤイデ電気とサエクの新素材ケーブル対決と言うことで、両社のRCAケーブル、電源ケーブル、スピーカーケーブルなどを一斉に、合計20モデル前後聴き比べすることになろうかと思います。ただいまケーブルの選定中ですが、オヤイデ1社だけでもけっこうなアイテム数があるのに、そこにサエクさんのが加わるとセレクトも大変です。

イベントを盛り上げたいので、福田先生も呼んでいただいてオヤイデさん試聴会やりませんか?というマックスオーディオさんからの意向を受けて企画した、この試聴会。話題の新導体対決と言うことで、私も楽しみです。前述の自作講習会で製作するRCAケーブルも、完成品のRCAケーブルに比べてどの程度のパフォーマンスを発揮するのか、ぜひ聴き比べたいですね。

さて、この試聴会でもうひとつ聴き比べたいのが、オヤイデのTUNAMI V2にP-037/C-037を組み合わせた電源ケーブルです!これが福田先生のイチ押しでして、先生がこのケーブルを自作されて試聴後すぐに、これはすごいからぜひ完成品電源ケーブルとして発売してほしいという打診を受けたほどです。福田先生ご使用のアキュフェーズA-70のグレードが数段アップしたような音質向上が見られたとおっしゃられ、実際に記事中にもそのようなことが書かれていました。福田先生曰く、P/C-004よりもP/C-037の方が音質的に優れているとのご意見。


その製作と音質評価記事が、3/20発売の月刊ステレオ4月号の福田先生連載「オーディオの新常識」108ページに掲載されてます。



そんなにこの組み合わせはすごいのか?ということで先日、私もTUNAMI V2+P-037/C-037電源ケーブルを自作して、ただいま自宅のパワーアンプ(左手のLUXMAN MQ-88)で使用中です。 もともとMQ-88には、PCOCC-AのBlackMambaにP-004/C-004を用いた自作電源ケーブルを使用しており、これはこれで厚すぎず薄すぎず、中低域の適度な厚みとコクで良い塩梅でした。それをTUNAMI V2+P-037/C-037電源ケーブルに換えてみたら、たしかに先生のおっしゃるとおり低域の分解能が向上し、制動の行きとどいた、文句のつけようのない音質にグレードアップ。こんなに簡単に最上の音が出たら、ある意味つまんないなというほどに。ま、それにしても、青いプラグならぬ青い鳥は、意外と身近にいたわけですな。

このTUNAMI V2+P-037/C-037からなる高音質電源ケーブル、いとも簡単に良い音が出るとは書きましたが、実際に作るのは大変ですよ。なんせ5.5スケアもの極太導体ですから、綺麗に電源プラグの電極にネジ止め固定するのが大変です。

そこで今回の九州ハイエンドオーディオフェア の限定企画品として、10本限定でTUNAMI V2+P-037/C-037電源ケーブル(1.8mもの)を、会場で特別販売します!

題して、TUNAMI GPX V2 P-037&C-037 福田雅光先生まだお値段は決まってませんが、イベント記念と言うことで、かなりなお得感のある感じになるはず。これはもうはじめの一本にしろ、最後の1本になろうと買うしかないでしょ!